HOME > 青森りんごグリーントラスト運動とは
第一の目標はりんごの木を伐採から守ることです。
青森県津軽地方では、りんごの木が次々と切られています。
立ちゆかなくなった農家が隣接園への虫害を防ぐため自ら伐採しているのです。

第二の目標は世界に誇れる美味、見事、安心の食基盤の安定です。
日本の安全で高品質な農産物は、小規模家族経営生産者によって手間と時間がかけられ、作られています。
しかし、従来小規模家族経営生産者は、作って売るというシステムの中で、大規模スーパー・流通業者主導による 販売リスクと自然災害リスクという二重のリスクを強いられ、後継者も育たない状況です。

小規模家族経営であるが故に、
ひとたび甚大な被害を受けたならば回復困難な状況に陥り、
その結果ひいては消費者も損をしているという悪循環にあるのです。

そこで、
当協会は「食べる人である消費者が直接生産費用を負担し、
技術・意欲のある小規模家族経営生産者の方々に農産物を生産していただく」 という発想にたどり着きました。
これまでの、オーナー制度や産直販売とは異なり、
今般注目を集めているCSA等(Community Supported Agriculture)も超えた独自のしくみです。

青森りんごグリーントラスト運動とは食べる人である消費者が、直接その食物の生産費用を負担することで、 消費者が主導的に食文化を守っていく運動なのです。

より詳しくは、協会のしくみ

PRIVACY POLICY / SITE MAP / お問い合わせ: info@gr-trust.org
COPYRIGHT (C) 2009 Aomori Ringo Green Trust Association. ALL RIGHT RESERVED.  Admin Login