「フェロモンで低農薬リンゴ」
「片山りんごの山野昇執行役は『消費者は環境、人間に優しい商品を求めている。
時代の要望に合ったリンゴ栽培に取り組む必要があり、そのための第一歩』とし、
『効果が確認できたら、ほかの園地にも導入したい。さらに周辺の農家に広がっていけば、
津軽全体のブランドイメージも高まる』と期待を込めた。」(「」内抜粋)
一部の園地で信越化学工業のフェロモン剤を使った低農薬リンゴ栽培の効果を検証しています。