世界的規模の、年に一度の果物、野菜見本市、フルーツロジスティカに行ってきました。
IMG_3693.JPG
目的は
1)福島の事故で中断してしまった商談の復活
2)世界のリンゴのトレンド分析
3)青森りんご産業にとって潜在的な危険の分析
です。
 
1)はスイスのデパートのバイヤーと面会し、「再開」で合意。
本年産のりんごで欧州における拠点を回復できそうです。
さらにドイツの卸売業者とも商談を行い、こちらも大変良い感触を得ました。
 
2)は少し気になる傾向が…。欧州で新規開発された品種は私が
欧州産としてイメージしていたものより、ワンサイズ大きくなっているように思えました。
また味の方も甘みを強調。アジアの市場を意図した設計のようです。
 
3)についてはJAZZやENVYといった品種が昨年、上陸してきました。
IMG_3705.JPG
今年も上陸部隊が出航を待っていると思います。
昨年は余り話題にならなかったのですが、これは前回鳴り物入りで上陸してきて
集中砲火を浴びて撃退されたことに鑑み、「隠密裡に上陸、着実に実績を積み上げる」
という作戦に切り替えたのだろうと考えています。
 
平和で華やかな展示会の裏にはいろいろな思惑が隠されています。
それを探りながら短い時間の中で広い会場を見て回るのは
慣れているとは言え、結構しんどい仕事です。